・生活救済制度など

・生活救済制度など・生活救済制度など
・生活救済制度など

退職した際の健康保険は、任意継続か国民健康保険のどちらを選ぶべきか?今使える軽減制度での比較

多くの人は会社員であれば、勤め先の健康保険に加入して、自営業者などであれば国民健康保険に加入しています。 しかし、勤め先を辞めて転職するまでの間では、国民健康保険と任意継続を選べる状態になります。 転職するまでの期間にどちらの...
・生活救済制度など

コロナで退職や倒産した時の失業保険と抑えられる支出と税金

コロナの影響で不景気になっている企業が多くあります。 そんな中、会社都合で退職する人も多いです。 転職活動を開始して気付くのは、求人の数も少しづつ減少しているという現状です。 東京では、まだまだ多くの求人がありますが、地...
・生活救済制度など

10万円に続き、新たな給付金?コロナで貰えるお金

現金10万円の申請をした人はまだ少ないでしょう。 大都市に住所を持つ人は、行政も大変なので郵送の手続きだけでも時間がかかっています。 また、申請間違えも多発しているので、給付をもらわないにチェックを入れないように気を付...
・生活救済制度など

コロナの影響で困窮学生《毎月約7万円の給付型奨学金》が貰える方法

大学に通っている人で、親がコロナの影響で失業や収入が少なくなり、アルバイトもできない状況で、大学の学費を払えず退学を考えている人は少し待ってください。 日本学生支援機構から給付型奨学金を貰える可能性があります。 大学を辞める前...
・生活救済制度など

生活困窮と事業継続困難【全ての給付金・支援金】を簡単に解説

コロナの給付金は10万円の現金給付が最も有名ですが、他にも個人や事業者に対して行われる給付金や支援は複数あります。 給付金及び支援のまとめ 個人向け・特別定額給付金 ・傷病手当 ・休業手当  ・緊急小口資金と総...
・生活救済制度など

特別定額給付金10万円 異例の変更補正予算案通過をわかりやすく解説

最新の記事は下記になります。 コロナの影響での生特別定額給付金は、状況を二転三転させてここまで来てまだ給付の時期の確定ができていません。 4月20日で政府の閣議で、全国民に給付する20年度の補正予算案が決まりました...
・生活救済制度など

【生活保護の受け方】どんな条件で受給できる?いくら貰えるのか?

万が一、働けない状態になった時に最後の砦になるのが生活保護になります。 どうしようも無い状況であれば、生活保護の申請を行い、国から生活費を受給する事が出来ます。 しかし、昨今のニュースなどでの不正受給が騒がれている中、容易に生...
・生活救済制度など

生活支援臨時給付金(仮称)が30万円から10万円に、世帯も全国民対象?

最新の記事は下記の記事になります。 二転三転している、コロナでの現金給付金ですが、30万円で世帯を限定して給付する予定から、また変更がありました、 公明党からの要請もあり国民1人当たりの給付金額を10万円にして給付...
・生活救済制度など

《持続化給付金》個人事業主100万円・法人200万円が休業の救済措置

個人に対する10万円の給付金が騒がれていますが、個人事業主や中小企業の人たちは持続化給付金の方が気になるところでしょう。 コロナの影響で売り上げが大幅に減り、今後の事業の維持に悩まれている人も多くいます。 4月7日に発表された...
・生活救済制度など

現金給金30万円の【対象者拡大】それって意味あるの?

最新の記事は下記の記事になります。 コロナの影響で収入が下がった世帯に給付される30万円の生活支援臨時給付金(仮称)の対象世帯が拡大されましたが、本当に意味があるのでしょうか。 毎回、国民に期待をさせて結局貰える世...
・生活救済制度など

借金を減らす方法【個人再生とは?】自己破産をする前に考えよう!

個人再生は借入が返せなくなり、困った時に使える制度です。 自己破産よりも、手続きや再建する余地が残るため、制度の利用者は増えています。 しかし、自己破産は借金を無くせますが、この個人再生は借入が少なくなるので返済は必要になるこ...
・生活救済制度など

住居確保給付金とは【コロナの影響で支給対象拡大】をわかりやすく解説

コロナの影響で、休業による収入の減額で失業にまではなっていないが、住居を失う可能性がある人に対して使える制度が新たに改正されました。 制度内容、申請方法、給付金額のケース例を付けてお伝えします。 従来からある生活困窮者、失業者...
・生活救済制度など

《お金がない》他で借金する前に国に借りよう【緊急小口資金と総合支援資金】

コロナの影響で、失業または、収入が減った事で生活が苦しくなった場合、国が特例で無利子・無担保でお金を貸してくれます。 また、一定条件以下になった場合には、返済の必要もなくなります。 銀行や街金から借りる前に、この制度で相談をし...
・生活救済制度など

【財政支出48.4兆円】《事業規模117.1兆円》の緊急経済対策!使い道とお金の出所

この記事は4月25日の情報に書き換えております。補正予算案が変更された為、数字を変更しております。 日本がコロナの影響で経済停滞しそうになっており、国が経済対策として48.4兆円という大きな対策資金の準備をしています。 ですが...
・生活救済制度など

住宅ローンが払えない時どうするか!滞納する前に行うべき方法を総まとめ

経済情勢が不安定な中で、住宅ローンの支払いが難しくなりそうで不安を感じている人が数多くいます。 住宅ローンがどうしても支払えなくて、金融機関がすぐに家を差し押さえにくると考えている人も多いでしょうが、そんなことは無いのでご安心くださ...
・生活救済制度など

子供がいる世帯に1万円の児童手当受給を追加をわかりやすく解説

少し前に、コロナの経済対策で児童手当受給世帯に1万円を追加で支給すると発表があり、せめて半年くらいは支給されると考えており、合計で6万円くらいかな? と勝手に、取らぬ狸の皮算用をしていました。 著者も一人の2歳児を育て...
・生活救済制度など

コロナの経済対策で【現金給付金の対象世帯 方針】が確定

この記事は過去の記事になりますので、新しい内容はこちらサイトに記載しています。 現金給付金の話題はSNSで非常に騒がれています。 政府の方針やニュースも、はっきりしない情報が多く飛び交っていますが、やっと重い腰を上げて方針だけ...
・生活救済制度など

緊急経済対策の所得が大きく減少した世帯とは

こちらの記事は過去の内容になりますので、最新の情報はこちらで確認してください。 コロナの影響で、職場が倒産した人や休業になった人、または、売り上げが大きく減ってしまい給与の今までの給与の支払いが困難になっている人も多くい...
・生活救済制度など

現金給付と商品券を国が配布する?どの世帯が対象になるのか、困窮世帯とは

この記事の情報は過去の情報になります。 最新の情報はこちらの記事でお伝えしております。 過去の内容の把握のために記事を残していることにご容赦ください。 コロナの感染拡大で世界中の経済が、不況になりかけています...
・生活救済制度など

【生活福祉資金貸付とは】社会福祉法人から低・無利子でお金を借りれる方法

カードローンやフリーロンでお金が借りられない。 どうしてもお金が必要だけど、収入が少なく貸してくれる銀行がない。 そんな時に使えるのが、生活福祉資金貸付制度になります。 あまり知られていない制度になりますが、もちろん誰で...
・生活救済制度など

【意外に知らない】役所の補助金、助成金、見舞金一覧を紹介

様々な状況で、国や自治体から補助がでるのはみなさんご存知だと思いますが、意外に知らない補助金もあります。 「こんな物にまで補助金をくれるの?」という内容まであります。 そんな補助金を今回はお伝えします。 補助金とは ...
・生活救済制度など

シングルマザー・ファザー家庭に対する《手当金と助成金》家計を助ける方法

最近では3人に1人が離婚するる時代と言われています。 しかし、シングルで子育てするのはまだまだ厳しい世の中です。 日本のシングルマザーは約120万人いるという厚生労働省の統計があります。 シングルになった理由の一番は離婚...
・生活救済制度など

ローンの種類一覧《ケース別の返済金額・上限金利》賢い借り方はなに?

住宅ローンやカードローン以外にも、銀行は複数の融資に関する商品の提供をしています。 銀行は預貯金をするだけでなく、融資をしてその金利で儲けています。 他にも、投資信託や銀行振り込みの手数料などで利益を出しています。 普段...
・生活救済制度など

怪我や病気で長期休業【傷病手当金の受給条件・金額・期間】の解説

病気や怪我などで、仕事を長期間休業する場合、育休や産休と同じように手当てが支給されます。 もちろん、何もしなくても支給されるわけではないので、申請を行い、受給条件を満たす必要があります。 初めて病院に通院する時から必要な手続き...
・生活救済制度など

失業保険【解雇や退職での給付金】貰える条件・期間と継続する手順

会社を退職する場合、ほとんどの人を対象にして行政から失業手当の支給を受けることが出来ます。 退職後に、様々な理由から転職先に入社するまで、失業保険を受け取って生活を考えている人も多いですが、実は、失業手当には、注意点やデメリットもあ...