・相続について

・相続について

『相続税の納税後』見直しで【税金が還付される】税理士での違いとは?

相続税を納税した後に、別の税理士に依頼したケースで、納税し過ぎていた税金が戻ってくる場合があります。 相続税の納税額によって変わりますが、家庭によっては、何百万円、何千万円も税金の還付があります。 相続税の支払いが発生している...
・相続について

民法改正【相続で二重課税】争続で遺留分請求があると譲渡所得税も支払う?

相続をする際に、近年では多くの家庭が揉めています。 今回の民法改正では、相続をした際に遺留分侵害額請求(旧遺留分減殺請求)をした場合には、相続税と譲渡税が二重で課税されるようになりました。 簡単にお伝えすると、相続した財産には...
・相続について

家族信託とは《手続き・費用》制度を利用するために知っておくこと

平均寿命が伸びていく社会で、気になるのが自分や親が認知症や話せなくなった時の当事者の資産を動かせなくなる事です。 一般的に有名なのは、成年後見制度ですが最近では信託も見直され始めています。 信託の中でも、家族に資産を預ける事が...
・相続について

【家族信託】5つのメリット・デメリットをわかりやすく解説

家族信託は、本人の財産を信頼のおける人に託す事でその効果は発生させます。 意思判断能力の低下に備えたり、遺言書以外での資産継承に備える事ができますが、それ以外でもメリットもデメリットも多くあります。 費用面でも成年後見...
・相続について

【家族信託】信託の税金と費用をわかりやすく解説

家族信託を活用する場合には、信託財産の管理だけでなく、必要な費用や税金も事前に知っておく必要があります。 今回は、家族信託にかかる税金と費用についてわかりやすく解説していきます。 家族信託の内容については、下記の記事で...
・相続について

相続の【準確定申告の期限4ヶ月】どんな人が対象になるのか?

親が亡くなった際に、悲しみと忙しさで大変でしょうが、悲しむことも大切ですが、お葬式などしなければいけません。 また、国からの大変な作業が義務付けられています。 相続税のことかな?と考えている人もいますが、前段階で必要な事があり...
・相続について

遺産分割協議【相続の申告期限】揉めて間に合わない時の対処方法と注意点

相続税は相続が発生した事を知った翌日から10ヶ月内に手続きをする必要があります。 しかし、相続税を決めるためには、各相続人の相続する財産を確定する必要があります。 相続人の財産を決めることを遺産分割協議といいます。 この...
・相続について

渡したい人に遺産を残す方法《遺贈とは》相続と贈与とはどこが違うのか?

被相続人が亡くなった際に、遺産を相続人に相続させますが、被相続人の思った通りには基本的には相続させる事ができません。 相続人にも、それぞれの思惑があり、法定相続人ごとに相続資産を貰える割合が決まっているからです。 それでも、自...
・相続について

【エンディングノートの書き方】必要な項目〜残される家族のために〜

少し前から「エンディングノートを書こう」という人が増えてきています。 しかし、いざ書こうとしても「何を書けばいいのか?」 「書店で書くことが決まっている本を購入した方がいいのか?」などの疑問があり、考え込んでしまいます。 ...
・相続について

相続登記が義務化!?未登記の《違反者には罰金》もあり得る!

2019年に不動産登記法の一つ、相続登記の義務化についてを規制の対象にするかを話し合われています。 今の日本国内で、相続登記がされておらずに動かせない土地が非常に多くあります。 山林であれば、高速道路や新幹線がその場所を通せな...
・相続について

《相続の限定承認とは》単純承認・放棄の違いとメリット・デメリット

限定承認は、相続でマイナスにならないように相続ができる手続きになります。 限定承認は概略だけ聞くと使いたい制度だと思われる人が多いでしょう。 しかし、使い勝手がいい制度ほどデメリットもあります。 実際に限定承認を活用する...
・相続について

代襲相続とは《できる場合とできない場合》兄弟姉妹・連れ子はどうなる?

父親から子供に相続するのが通常ですが、父親よりも先に子供が亡くなってしまった場合、その相続財産はどこにいくのでしょうか。 そんな時の国の制度で、子供が先に亡くなった場合は、孫に相続財産が相続できるように、代襲相続という制度があります...
・相続について

《相続放棄とは》メリット・デメリット『やり方とできないケースの紹介』

相続が発生して、多くの方はそのまま相続をするでしょう。 しかし、相続が発生した人の中にも、実は相続をしたくないという方もいます。 理由は様々ですが、家族関係や財産の内容、個人の考えなどで相続権を放棄する人もいます。 実際...
・相続について

相続税の配偶者控除の活用方法【最小1億6000万円の非課税の相続】

突然の相続で、納税する資金が足りない時に使える制度で相続時の配偶者控除があります。 配偶者控除を使うことで、配偶者の相続財産が最小で1億6000万円まで税金を納める必要がなくなります。 また、この制度を使うことで、相続税対策を...
・相続について

相続税の基礎控除【代襲相続・養子縁組との関係】相続税改正前との比較、何人までできる?

相続税の基礎控除は税制改正があるたびに減額しています。 基礎控除が減額されれば、相続税の納付をしている人はより多くの税金を支払うことになり、今まで基礎控除内で相続税を支払っていない人も納税する義務が出てきます。 そんな大切な基...
・相続について

不動産アパートの【相続税対策が無効に?】相続評価額を地裁否定判決

2019年に不動産の相続評価を根本から覆す判決がありました。 相続税の節税対策で、土地建物アパートを購入した被相続人の相続評価額に、地裁が相続評価でなく実勢評価で財産の査定を行い、修正申告を行う判決を出しました。 詳し...
・相続について

相続財産を貰えない【相続排除と欠格の違いとは】代襲はできるのか?

相続が発生した場合、子供や配偶者はどんな場合でも、財産を相続できるとは限りません。 例えば、亡くなった被相続人に虐待行為や殺害などの重大な問題を起こした場合は、相続をする権利が無くなってしまう場合があります。 今回は、自身が亡...
・相続について

揉めない相続の方法【争続しない遺言書】の種類と手順を解説

遺言書は、自身の意思を後継者に残すための、最後の気持ちになります。 呼び方は、一般的に呼ばれているのが「ゆいごんしょ」ですが、法律家などは「いごんしょ」と呼ぶことが多いです。 遺言書を残す理由は人それぞれですが、せっかく書いた...
・相続について

小規模宅地等の特例とは【相続税の評価額80%削減】税法改正された適用条件は?

小規模宅地等の特例は相続時に土地の評価を最大80%下げてくれる制度です。 この制度を使わなければ、自宅だけでも相続税が発生する相続人が大いに増えるでしょう。 なので、相続税の勉強をするためには必ず通る道といっても過言ではありま...
・相続について

相続税はどのぐらいから払うのか?【基礎控除から見る試算方法】

うちは相続税がかからないからいいやと思っている人、意外に相続税は身近なものになっています。ご存知の人も多いですが、平成27年1月1日以後に基礎控除の金額が大幅に削減されました。 「私の家は相続税がかからない。」 そう思っていて...