・不動産 豆知識

・不動産 豆知識

マンションは何階に住むのが良いのか?おすすめな各階の特徴と選び方

高層の分譲マンションを選ぶときに、どの階が良いのか悩みどころです。 一般的には、上の高層階ほど人気が高く、値段も上がりますが、災害には低層の方が安全とも言います。 では、どの階層を選ぶのが賢い選択になるのか? おすすめな...
・不動産 豆知識

大和ハウスのリースバックとは?事業のスリム化を図る方法

固定資産をなるべく持たなくする経営方針が近年好まれてきています。 大和ハウスのリースバックは、大手ならではの安心感もあり、多くの企業に使われています。 元々のネームバリューや銀行からの紹介で流通店舗の建築業界では最大手...
・不動産 豆知識

賃貸と分譲マンションの違いとは?初期費用と設備の違いを解説

同じマンションと言われていますですが、賃貸と分譲は何が違うのでしょうか? マンションに住むという事は変わりませんが、賃貸は別の所有者から借りて毎月の賃料を支払います。 分譲マンションは自分の所有の物件になりますが、修繕...
・不動産 豆知識

《コンバージョン建築とは》リフォームとは違う建物再生

コンバージョン建築とは、今ある建物の用途変更をして、改装を行い新しい建物再生を行うことです。 古くなり入居が悪いテナントビルや商業施設を綺麗にコンバージョンして建物を蘇らせる手法になります。 コンバージョン建築とは何?...
・不動産 豆知識

ホームインスペクションの【費用・期間・不動産関係】注意点を解説

中古住宅の購入を検討される際に、気になるのが中古住宅の傷み具合です。。 新築時でも不具合が気になるのに、中古となれば前の居住者が何年も住んでいて、どこに不具合があるのか素人では判断が出来ません。 そんな時に使えるのがホームイン...
・不動産 豆知識

大事な土地建物の権利書を失くした時にどうする?解決する方法を徹底解説

不動産の売却をして、いざ必要書類を集めている時に、「権利書を失くした」「権利書が見つからない」と焦る人もいますが、焦らなくて大丈夫です。 よく権利書は大切な物で、「火事になっても持って逃げろ」と以前は言われていました。 もちろ...
・不動産 豆知識

他人に敷地の権利を取られる?《二重敷地問題》購入した中古物件が違法建築物に?

中古のマイホームや投資用物件を購入した際に、当時の建築確認の資料の確認をしていない場合に、突然、違法建築物扱いをされる場合があります。 それは、「建築する際に隣の敷地を建築確認の敷地内にしている場合」と「分筆して別々に売却している場...
・不動産 豆知識

私道とは?道路の見分け方と【通行料・通行権・固定資産税】の制限の解説

私道は、私人が持っている道路のことを言います。 個人の場合や法人の場合があります。 通常の道路は、国や県、市町村が所有していますが、道路部分を寄付していない、または、寄付を受け取ってくれない場合に私道になります。 私道で...
・不動産 豆知識

接道義務とは《土地の売買で道路に気を付ける》方法と注意点を解説

土地と道路には密接な関係があります。 土地に建物を建てる際に、道路に接しているかどうかで建物の建築が出来る、出来ないが決まってきます。 家を建てる際には、建築基準法の決められた道路に要件を満たして、接道している必要があります。...
・不動産 豆知識

不動産の賃貸・売買で近くに住みたくない《嫌悪施設の簡単で大切な調べる方法》

賃貸住宅やマイホーム住宅を購入する時に「気になること」「気を付ける事」は非常に多いです。 立地関係や周辺の状況など不動産会社に聞いてみたり、現地に行かなければわからない事もたくさんあります。 不動産会社の説明義務の中に、嫌悪施...
・不動産 豆知識

事故物件とは《簡単に見分けられる方法》不動産会社の告知義務は実は曖昧!

不動産の事故物件と言っても、様々な状況があります。 事故物件の告知義務の範囲は実は法律で決まってなく、とても曖昧な内容になります。 事件や事故が原因で、前の入居者、所有者がその該当部屋で亡くなってしまった場合は事故物件の取扱に...
・不動産 豆知識

《リバースモーゲージとは》仕組み・審査条件『メリット・デメリットは?』

近年、老後の資金を捻出するために、リバースモーゲージを活用する人も増えています。 ただ、この制度は内容をあまり知らなくて手を出すと大火傷では済まない状態になります。 老後資金の調達のためには、優れている制度ですが、その反面、長...
・不動産 豆知識

【ハウスリースバックとは】トラブル事例と仕組み《メリット・デメリット》

あまり聞き慣れないハウスリースバックとは?デメリットやメリット、どんなトラブルがあるのかお伝えします。 住んでいる家や働いている事務所を、金銭的な理由でどうしても維持が出来ずに売却する場合もあります。 そんな時は、本来であれば...
・不動産 豆知識

【任売・競売・公売とは】違いとそれぞれのメリット・デメリットを解説

競売は皆さん、よく聞かれると思いますが、任売(任意売却)や公売はあまり馴染みがないと思います。 いずれも、税金や融資の返済の支払いができない人がどうしようもなくなり、所有物を売却(強制の場合がほとんど)することです。 特徴とし...
・不動産 豆知識

不動産【法人化】する目安はいくらから?メリット・デメリットは?

所有している不動産の収入がある程度増えてきたら、法人化を検討する人が多いです。 では、実際に法人化した方がいいのか、収入がいくら以上になったら法人化したらいいのか悩む方も非常に多いです。 法人か個人かどちらがいいかケース別にわ...
・不動産 豆知識

確定測量で隣地が【境界票(杭)の設置を拒否】した場合の対処法

どうしても隣地が境界確定、確定測量の際に印鑑を押してくれない場合には、境界票を新しく設置することができません。 境界線を決めるのであれば、筆界特定制度などがありますが、この制度では境界は確定しますが所有権界までは確定しません。 ...
・不動産 豆知識

【筆界特定制度とは】確定測量できないトラブル・立会い拒否の対処

隣地同士の仲が悪い、または、隣地が行方不明の場合、確定測量時に境界票(杭)の立ち会い拒否などの理由で押印ができないトラブルがあります。 そうなると、土地を売却できない、銀行から融資が受けられないなどの弊害が出てきます。 また、...
・不動産 豆知識

解体工事で【隣地に損害を与えた場合】費用負担と対処法を完全解説

土地の売買や住宅の建て替え時に、従来の建物を解体することが多いでしょう。 その際に、稀に隣の建物などに損害を与える場合もあります。 隣の建物に損害を与えた場合には、それが発注者の責任か工事業者の責任かが問題になります。 ...
・不動産 豆知識

市街化調整区域で「家を建てる方法」分家住宅・既存宅地の解説

マイホームの建築を考えた際にネックになるのが、土地の値段になります。 『親が土地を持っているが、市街化調整区域しかない為、家が建てられない。』 『昔から家はあるけども、調整区域だから建て替えできない。』 そんな悩みを持っ...
・不動産 豆知識

無断転貸とは【賃貸の強制解約】民法・判例と立ち退き期間を解説

無断転貸とはあまり聞きなれないと思いますが、所有者に黙って、他人に自身が借りている部屋、土地などを貸し出すことです。所謂、又貸しと呼ばれるものになります。 所有者としては、賃貸人に貸しているのにまったく違う人が黙って使ってい...
・不動産 豆知識

賃貸住宅は長く住めば【時効取得】で自身の所有にできるのか?

時効はドラマでも、ニュースでもよく題材にあがる名称なので、馴染みがあると思いますが、刑事事件であれば1~30年で殺人事件以外は時効です。 土地や建物の時効取得では、一定の時期を超えて所有の意思を持って、その場所に居座って(占有)して...
・不動産 豆知識

《裏技》市街化調整区域で【農地転用の許可無し】で雑種地に変更する手順

市街化調整区域に農地を所有している人の大多数が、所有地の売却をしたいと考えています。 高齢な夫婦で、後継ぎもいない状況であればなおさら、手間がかかる農地を売却していきたいでしょう。 しかし、市街化調整区域の農地を第三者に売却す...
・不動産 豆知識

借地権【承諾料・更新料の相場】平均的な地代の計算方法

借地権の更新料や譲渡、建て替え承諾料などの費用の目安をケースごとにお伝えします。 借地権は、借地料だけならばかなり安く利用することができます。 しかし、一度リフォームや建て替え、契約の更新などがあった場合に土地の価値によっては...
・不動産 豆知識

借地権の種類別は何がある?新・旧の借地借家法の違いを解説

借地権は、簡単に説明すると土地を持っている地主さんから土地を借りて、自己所有の建物を建てることをいいます。 ただし、駐車場や資材置き場は、借地権に該当せずに別の権利関係になります。 借地権には、賃借権と地上権の2つがあります。...
・不動産 豆知識

【共有名義の不動産とは】〜トラブルの解決方法〜デメリット・メリットの解説

共有名義の不動産とは、2人以上の所有者が持ち分を分け合って所有している状態になります。 別々に人が一つの不動産を所有している訳ですから、様々なトラブルやデメリットのケース事例があります。 場合によっては《やっかいな不動産》とし...
・不動産 豆知識

【家督相続制度とは】登記トラブルの解決方法を解説

相続が発生した時に、相続税が一番気になるという人が多いでしょう。 しかし、気を付けることは、それだけではありません。 相続の際に、法務局の登記簿の名前が誰の名前かということも重要になります。 法務局が管理している登記簿謄...
・不動産 豆知識

【農地転用】自分で出来る申請手続きの方法・種類別に徹底解説

農地を所有している場合、その土地は農業以外の目的に利用することができません。 相続などで農地を引き継いでも、自分が農家を営んでいない場合には、農地を所有していることを負担に感じる人が多くいます。 農地活用、農地転用の方法につい...