・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

サラリーマンの確定申告とは?節税・副業に必要!得する方法と注意点

会社に勤めていて確定申告を行うのは、給料以外の収入でより多くの税金を支払う必要がある場合と、取られすぎた税金を取り返す為に税務署に申告します。 税金は知らずに過小申告していても脱税となり、過大申告しても税務署は教えてくれずに税金を多...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

社会保険って何?計算方法・種類・誰が払うの?

給与明細でいつも疑問に思う、社会保険料の合計金額はなんだろう? 何万円、下手したら十何万円という大金が毎月引かれています。 健康保険と厚生年金、雇用保険、年代によっては介護保険も引かれています。 何もわからないまま、そう...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

サラリーマンの税金とは【節税して豊かな生活を手に入れよう】減らす対策方法

サラリーマンが給与明細を見て、ショックを受けることがあります。 毎日、一生懸命働いているのに40万円の給与を貰っても、銀行に入金されるのは30万円に満たない金額。 毎日身を削る思いをして働いているのに、なんでこんなに手残りが少...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

【公務員の解禁されている副業】と抜け道のオススメ方法を解説

今回は、公務員の解禁されている副業と抜け道にオススメな方法についてお伝えします。 公務員でも出来る、違法でない副業をご紹介します。 少しの工夫で出来る方法から費用がかかる方法、抜け道の手順まで詳しく解説していきます。 そ...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

サラリーマンの副業で確定申告はいるのか?いらないのか?ケース事例での紹介

景気が不透明な現代では、副業を始めるサラリーマンが非常に増えています。 様々な副業を行なっている人がいますが、副業から利益が出た時には確定申告は必要なのでしょうか。 また、副業をしている事を会社にバレたくないと考えている人もい...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

正しく理解【ふるさと納税とは】税金で買い物が出来るお得な制度

年末の最後まで節税対策が出来るのが、ふるさと納税です。 皆さんも耳にしたことは、必ずあると言って良い程、有名になったふるさと納税ですが、まだまだ詳しい内容が分からないので、手をつけていない人もいます。 それでも、年々やっている...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

【知らないと損】サラリーマン・公務員の節税方法をわかりやすく解説

サラリーマンは確定申告とは無縁と思われている方が多いです。 通常は、ほぼ勤め先の年末調整で税金の申告は終わります。 基本的には、面倒くさい確定申告はしなくてもいいです。 しかし、その考えは変えた方が良いかもしれません。 ...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

健康保険・厚生年金とは?給料から年間5万円以上『保険料を安くする』方法

サラリーマンが必ず支払っている健康保険と厚生年金ですが、毎月何万円も引かれて勿体無いと感じた事はありませんか? 保険料の金額が下がるとしたら、毎月の給料の手残りが増えて生活を豊かにすることができます。 この2つの保険料を下げる...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

社会保険料とは【給料から引かれる金額】必要性をわかりやすく解説

サラリーマンで、給与明細を見た時にほとんどの人が一度は気にするのが、社会保険料になります。 厚生年金は、まだ老後に帰ってくる可能性がありますが、社会保険料はいわば掛け捨ての保険の様なものです。 社会保険料や厚生年金など、サラリ...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

【副業・兼業の違い】ネット副業と実労働どっちがいいの?

今日は、兼業についてお伝えしたいと思います。 兼業とは、辞書を引くと 本業のほかに他の業務を兼ね営むこと・その業務・副業。 副業は、本業のほかにする職業。 そのままの意味ですね!!! 本業がサラリーマンで、そ...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

サラリーマンの副業【開業届け・道のり・手順】をわかりやすく解説

今回は、開業するまでにした事、開業後に困った事などをお伝えします。 まだまだ開業して、3か月と少し、本業もあるのでやらなければいけない事がたくさんあります。 そんな中で、苦闘した3か月と少しですが、お伝えしていきたいと思います...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

生命保険控除【新旧の違いと】共働きはどっちの控除にできる?

生命保険控除を申請する時に、新旧の保険とよくわからない事を言われて「まぁ、いいや」となっている人や、共働きの妻の保険を控除に入れるか悩んでいる人も少なくないでしょう。 「新しい保険と古い保険があるの?」、「共働きで保険料は自分が払っ...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

扶養家族のパート給与はいくらまでがお得?【6つの壁】を徹底解説

アルバイトやパートをしている人で、誰もが気にしているのは「いくらまで給与を貰えば一番効率が良いのか?」です。 闇雲に働いて、その結果で無駄な税金などを支払うのはとても勿体無いです。 そこで、今回は配偶者のパート、アルバイト勤務...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

【転職・退職者】住民税の納付方法も変わる【納税忘れ】の危険性!

今回は、転職・退職時の住民税の支払い方法が変わる基準をお伝えします。 景気が不透明な世の中、転職、退職をされる方は非常に多いです。 退職代行をしている企業もいるぐらいです。 退職代行は回数を重ねると割引があるらしいですが...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

《高齢の親を扶養家族に入れるメリット・デメリット》別居の扶養制度とは?

定年して暫くして高齢になってきた親を扶養に入れようか迷う人は多いでしょう。 「税金の優遇が受けられる」「実際は損をするよ」という話などがあります。 では、「本当のところはどうなの?」という疑問について解説していきます。 ...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

《公務員の退職金》いくら貰えるのか計算式【老後資金には足りるの?】

公務員の退職金も会社員と同様に、勤続した年数や退職理由によって金額は変わります。 公務員の退職金理由で、最も多いのは定年退職となり、その次が自己都合による退職です。 公務員の退職金は平均して、定年退職で約2,200万円、自己都...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

基礎控除・給与所得控除の税制改正《850万円以上の年収》が損をする?

2018年に決められた税制の改正法案が、2020年から変わります。 所得に関するの基礎控除・給与所得控除などの所得税の変更内容をお伝えしていきます。 会社員の納める税金と密接な関係にある、基礎控除と給与所得控除の控除金額が変わ...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

サラリーマンの《30万円以上》節税する最強手順6つの対策手法「2020年最新版」

サラリーマンの人で「去年はあまり節税出来なかった」「年末調整だけで大丈夫かな?」と感じている人は必見です。 2020年の節税対策の最強手順を公開します。 今年こそは税金を少なくする事に、挑戦を考えている方はこれを読んで実践して...
・サラリーマン・公務員の節税、節約、副業

貯蓄と貯金の違いは何か?お金を貯めて、豊かな生活を迎えるための方法

こんにちは!ヒロナカFP事務所の廣中(ひろなか)です。 今回は貯蓄についてのお話です。 まず、貯蓄って貯金となにが違うの?? そんなに変わらないと思うけども、、、 と思っている方もたくさんいると思います。 貯...