家を売る時に知っておくべき基礎知識『高く売り抜く失敗・損をしない方法』

家を売る時に知っておくべき基礎知識『高く売り抜く失敗・損をしない方法』調整中

不動産の売却はスーパーの買い物と比べられないほど高額です。

買う方も売る方も人生で1回か2回ある人がほとんどです。

不動産の売却を成功させて高く売り抜くための方法、失敗しない・損をしない方法を今回はお伝えしていきます。

不動産を売却する理由は何か

不動産を売却するには、様々な理由があります。

まずは自分の不動産を売る理由をしっかりと考える必要があります。

なぜかと言えば、売却する理由によって値段や売却代金をもらう時期を明確にしておく必要があるからです。

不動産は高額な商品であるので、少しの判断の間違いで数百万円損をする可能性もあります。

税金だけでも数十万円違うこともあります。

そんな中で、しっかりと売却する理由を考えて最善の方法を不動産会社と組み立てていくことは重要な選択肢の一つです。

不動産を売却する理由で多い項目

不動産を売却する理由も様々です。

大きな項目で分ければ下記のような理由が多いです。

◇自宅の住み替え

◇借入が返せなくなった為

◇相続税の支払い

◇相続したが使う予定がないので

◇高く売れそうだから

売却を考えている人の理由は様々です。

不動産投資をしている人であれば、資産の組み替えなどで売却と購入をする人もいます。

売却理由の中で自宅の住み替えを細かく見ていくと下記の理由に分かれます。

◇子供が成長して子供部屋を用意するため

◇子供が家で走り回るので、マンションから戸建てに

◇通勤に便利な場所に

◇子供の進学先に近い場所に

上記のような理由で家を住み替える人も増えていきます。

昔は家を買ったら売却することはあまりありませんでしたが、最近では家族の状況やより良い環境に引っ越すため自宅の売却をする人が増えています。

不動産の売却を成功させる手順

マイホームを売る場合には、なるべく高く売却したいと考えています。

ですが、売却を成功させる人はほんのひと握りです。

ほとんどの人が売り急いで売却して損をする可能性があります。

売却を成功させるためには、自分自身で多少の売却に関する知識と相場を調べることと、しっかりとした不動産会社を味方につける必要があります。

不動産の知っておきたい基礎知識

不動産売却の流れと期間

不動産売却はざっくりと1ヶ月から6ヶ月くらいを見ておいた方がいいでしょう。

流れとしては、

◇自身で近隣相場の確認を行う

◇不動産会社に査定の依頼

◇複数の不動産会社と媒介契約を締結

◇売却活動

◇売買契約

◇物件の引き渡し

◇確定申告

このような流れで不動産の売却は進んでいきます。

特に不動産業者への査定依頼は重要です。

なるべく多くの不動産会社に依頼をして、意見を聞くことがおすすめです。

まとめ

不動産の売却は通常であれば、一生に一度あるかないかです。

しかし、その割にはかなりの高額の取引となるのでしっかりとした下調べと安心できる不動産会社を見つけることが不動産売却を成功に導く最もいい方法です。

そのためには一括査定を使って不動産会社を探すのが効率的です。

こちらの記事で不動産の一括査定についてお伝えしておりますので、ご参考にしてください。

調整中
スポンサーリンク
FPヒロナカの得する不動産とお金の話

コメント