不動産の相場はどうやって調べるのか?売却する際に知っておきたい地域の値段をわかりやすく解説

不動産の相場はどうやって調べるのか?売却する際に知っておきたい地域の値段をわかりやすく解説 売買で役立つ知識

土地や建物などの不動産を売却する時に、最も気になるのが自分の土地がどのくらいの値段で売れるのかです。

色々な業者に売却依頼をすれば、各不動産会社から相場を教えて貰えますが、それが本当かどうかわからないので、心配と思っているに読んで欲しい記事です。

ただし、あくまでも近隣の売買事例の調べ方なので土地の大きさや形状、用途で全く金額が違ってきます。

その事を念頭に置いておきましょう。

周辺エリアの取引事例の調べ方

不動産の売却金額は周辺の取引事例や分譲業社などの販売価格によって左右されます。

基本的には、一般人同士の取引が最も高く、不動産会社や建築会社に購入して貰う時には値段がそれよりも下がります。

これは、不動産会社などが土地を仕入れて税金を支払い、利益も出さなければいけないので買取価格は下がります。

しかし、広い土地などは個人では買えないので、結局は不動産会社などに購入して貰うしかありません。

そんな取引事例が見れるサイトを紹介します。

国土交通省の土地総合情報システム

不動産の取引事例を年ごとに見る事が出来ます。

併せて、公示価格なども見れますが、登録されている事例は実際の売買取引の数に比べればごく一部です。

土地の形状もわからないので、おおよそでの過去の取引事例からおおよその相場を把握する形になります。

403 Forbidden

REINS Market Information

レインズ・マーケット・インフォメーションは通常は、不動産会社が専門に使うサイトでレインズというサイトがありますが、このサイトは加盟した不動産会社しか閲覧と登録が出来ないサイトですが、レインズ・マーケット・インフォメーションは一般に公開されているので閲覧する事が出来ます。

売買の過去の事例が、マンションと戸建て住宅に限り見る事が出来るので、マイホームなどの売却を検討している人にはお勧めです。

不動産取引情報提供サイト(マンション・戸建住宅の売買価格・相場・取引事例の情報公開サイト)
当サイトは、指定流通機構(REINS)が管理する具体的な不動産取引価格情報を提供し、不動産流通市場の一層の活性化を図ること目的として運営されています。

レインズと土地総合情報システムは何が異なるのか?

両システムとも、過去の事例を閲覧出来ますが、検索方法や見れる情報が異なります。

レインズは、駅の距離、築年数などで検索出来ますが、土地総合情報システムと異なり、土地だけの売買事例は出てきません。

また、レインズではグラフなどで情報が見やすくなっています。

大手のサイトで調べる

アットホームやスーモなどの、不動産の情報が掲載されている情報を見るのも参考になります。

ただし、掲載されているのは売れていないから掲載されているのであって、その値段が相場とは言えません。

値引き交渉があったり大きく値下げされて売却する事もありますし、しばらく売れていない物件などであればそもそも金額が高すぎるからか、人気がないエリアという事がわかります。

取引事例もそうですが、あくまでも参考にして考えて下さい。

売却査定を行う利点

不動産売却は不動産会社に査定を依頼するのも有効的です。

ただし、1社に依頼するだけでは値段に不安があるので、複数の会社に相見積もりするのが一番良いでしょう。

不動産会社もそれぞれの会社に強い地域と弱い地域があります。

地元の不動産会社が高く仲介して貰えるとも限りません。

なので、複数の会社に一緒に見積もりを出すのが一番効率が良いでしょう。

ただし、各不動産会社と連絡を取らなければいけないので手間暇はかかります。

それを補うだけの金額で売却できる可能性を考えれば、相見積もりを取る事をお勧めします。

相見積もりの取り方

不動産会社に見積もりを一括で依頼するのは、専用のサイトを利用するのが最も効率が良いでしょう。

所有している物件の簡単な概要(住所、面積、現在の状況)と自身の連絡先を打ち込み、査定を希望する不動産会社を選ぶだけで一括見積もりが出来ます。

不動産会社が出した査定がそのまま売却金額にはなりませんが、高位金額を出してくる不動産会社に任せたくなりますが、その1社だけに任せるのはダメです。

多くの不動産会社から提示を受けて、最終的に高い金額を出してくる買主を見つけてくる不動産会社2社に競り合わせるのが一番高値が付きやすいです。

気をつける点としては、あまり競り合わせると両者とも手を引いてしまう可能性があるので、注意が要ります。

不動産の一括サイトは下記の様なサイトがあるので、ご活用下さい。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

まとめ

不動産の相場を知る事で、対応する不動産会社の出方も大分変わります。

相場を知らない人には、安く提案しようとする不動産会社もいます。

しかし、あくまでも相場は土地の広さや高低差を加味しないで、一般の人が最終的に購入する金額になってきます。

広い土地であればその分金額が下がりますし、高低差があれば造成費用が掛かる分だけ金額が下がります。

不動産はおおよその相場は決まっていますが、実際の土地の取引価格はその該当不動産によって全く異なる事を念頭に置いておいた方が、最終的に落胆することは少ないでしょう。

売買で役立つ知識
スポンサーリンク

コメント